高校生 塾 行くべきか!講師は全員東大生!効率的に偏差値アップ!

東大志望 塾

こんばんは、高1の息子と小5の娘のパパです。会社員で東京都内に住んでいます。

子どもの受験と進学、ママに任せっ放しでした。子供の得意・不得意な科目もよく分からない。将来どんな仕事に就きたいのか?そのために何を学ぶのか?どこの大学がいいのか?私の数十年前の記憶や経験はいまでは石器時代の化石みたいなモノ。

そんな同じようなパパたちに、とっておきの方法を話します!

自分が就職するとき、いまのようなIT系の会社なんて理系でシステムオタクっぽい男子しかいなかった。GoogleやAmazonなど外資のIT系なんて存在もしていなかった。ましてやユーチューバーは影も形も無かったですよね。いまの子どもたちに人生の先輩としてアドバイスしてやれない。

でも、ある方法を取り入れることで解決しました。今では子どもと将来のことなど色んな話を食卓でするようになりました。

そのある方法とはオンライン個別指導「スタディコーチ」です。

今回は、子どもの受験勉強と将来のアドバイスできる切欠となった「スタディコーチ」について解説します。やっぱり現役東大生から勉強を教えてもらい、さらに東大生の現役とOBから見た世の中のことを聞けるのは親としてもありがたいですね。

この記事の内容を実践すれば、親の威厳を保ちつつ、子どもと将来の話をする事ができるようになります。勉強を見てやれる自信がなくても大丈夫ですよ。

どうしてオンライン個別指導だけで急にやる気が出来て志望大学に合格できるのか?

高校生 塾 行くべきか
→スタディコーチ公式サイトはこちら

オンライン個別指導「スタディコーチ」を利用する前の悩み!

・志望校に受かるために、子供の勉強を東大生に見てもらいたい
・部活で帰宅が遅く、塾や予備校に通う時間がない
・大手予備校が家に近くにないが家庭教師では頼りない
・田舎に住んでいて近くに予備校や塾がないけど子どもを良い学校に入れたい
・塾が遠くて、通うのが大変
・東大に受かるにはどうしたらいいの
・分からない問題を解けるようにしたい

「そうそう!」っていくつか当てはまるのでは

そのまま、オンライン個別指導を利用していなかったら?

・勉強の仕方が分からないと成績は上がらない。
・受験に失敗して浪人することになる
・成績が思ったように上がらないと子供のやる気がうせてしまう。
・進学校についていけずに学校をやめてしまうかも。
・実力を試す場所は自校の模試だけではなく、学外の他にも方法を探さないとどんどん自分の学力が遅れていくのがわかる
・有名な大手予備校は費用が高いが、必ずしも成績が伸びたり受験に成功するというわけではない
・勉強してるのに成績が上がらないせいで子供のモチベーションが下がる

「あの時、思い切って良かったぁ!」って思う日がくる

こんなふうにガラッと生活が変わりました!

・サポート体制がしっかりしているので、親でもいろんな情報が共有でき、子供の進路を一緒になって考えることができる
・通常の学習塾よりも費用が安いため、お金に余裕ができるし他のことに使うことができる
・地方でも高度な授業を受けられて都会の人に負けなくなる。
・講師の変更が可能なので、勉強以外のストレスを取り除くことができる
・成績向上によって落ちこぼれることが無くなるので希望の学校に受からせることが出来る
・志望大学に合格して楽しく子供が大学に通っている。
・効率の良い学習方法で、勉強時間あたりの習得率や成長率が伸びる。

でも、デメリットもあるんじゃないの?

・自習空間の勉強はさせてもらえない⇒けど自宅で勉強できるので自習室まで移動しなくて良い
・学習カリキュラムにそってやらないといけない
・効果がなかった時はなにかケアがありますか?直ぐに辞められますか?→契約期間は特にありませんので、合わないと思ったら直ぐに辞められます。
・少ないユニット数で済ませる場合は、ユニットあたりの授業料が高くなる⇒多くのユニットを受ければ受けるほど、1ユニットあたりの授業料が安くなる
・オンライン授業の環境を整える必要がある ⇒ スマートフォンだけでも受講できる
・生徒の学習意欲が大きく問われる⇒目標をきっちりと決める
・自習室はないが、自宅でも集中できる環境を整えればよい

「でも、やっぱり!」メリットの方が多いし

最後にもう一回、オンライン個別指導の良いところを!

・解約金や違約金は不要
・対面式のオフライン授業よりも子供の集中時間が長い傾向にある
・指導内容や今後の指導予定をオンラインだから毎週確認できて安心して子供を任せられる
・オンラインなので塾に行く時間の無駄がない
・自宅で授業が受けられる
・オンライン指導により時間のムダが消える
・自宅学習法だから、塾に通う時間など気にしなくて良い。

→スタディコーチ公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました