大学受験 映像授業 無料!講師は全員東大生!効率的に偏差値アップ!

東大式 勉強法

こんばんは、高1の息子と小5の娘のパパです。会社員で東京都内に住んでいます。

子どもの受験と進学、ママに任せっ放しでした。子供の得意・不得意な科目もよく分からない。将来どんな仕事に就きたいのか?そのために何を学ぶのか?どこの大学がいいのか?私の数十年前の記憶や経験はいまでは石器時代の化石みたいなモノ。

そんな同じようなパパたちに、とっておきの方法を話します!

自分が就職するとき、いまのようなIT系の会社なんて理系でシステムオタクっぽい男子しかいなかった。GoogleやAmazonなど外資のIT系なんて存在もしていなかった。ましてやユーチューバーは影も形も無かったですよね。いまの子どもたちに人生の先輩としてアドバイスしてやれない。

でも、ある方法を取り入れることで解決しました。今では子どもと将来のことなど色んな話を食卓でするようになりました。

そのある方法とはオンライン個別指導「スタディコーチ」です。

今回は、子どもの受験勉強と将来のアドバイスできる切欠となった「スタディコーチ」について解説します。やっぱり現役東大生から勉強を教えてもらい、さらに東大生の現役とOBから見た世の中のことを聞けるのは親としてもありがたいですね。

この記事の内容を実践すれば、親の威厳を保ちつつ、子どもと将来の話をする事ができるようになります。勉強を見てやれる自信がなくても大丈夫ですよ。

勉強についていけない!子供の成績に絶望していた私が今では名門高校生の母親になってニコニコしている理由

大学受験 映像授業 無料
→スタディコーチ公式サイトはこちら

オンライン個別指導「スタディコーチ」を利用する前の悩み!

・家庭教師を家に上げるのは抵抗がある
・近所に塾がない
・うちの子がやる気をなくして何を提案しても反対されている
・暗くなってからの塾通いなので車での送迎が欠かせない
・子供が今の塾の先生のことが嫌いみたい
・塾に通わせるのには抵抗があるけど、自宅学習を一人ですすめるのは難しい
・部活が遅い時間まであるので、塾へ通えない。

「そうそう!」っていくつか当てはまるのでは

そのまま、オンライン個別指導を利用していなかったら?

・自宅で勉強する習慣がつかず、成績がどんどん落ちていく。
・家庭教師の不満で信頼が無くなり勉強効率も落ちる
・都会の子どもに環境でも勉強でも負けて、東京に出た時に打ちのめされる
・地方の塾ではカバー出来ないところがあって受験に対応できない。
・月謝が払えなくなって、塾をやめることになる。
・塾通いの安心感から自習がおろそかになる
・無理に家庭教師を自宅に上げて親のストレスがMAXになる

「あの時、思い切って良かったぁ!」って思う日がくる

こんなふうにガラッと生活が変わりました!

・サポート体制がしっかりしているので、親でもいろんな情報が共有でき、子供の進路を一緒になって考えることができる
・難関中学校に合格するための学習計画を現役の東大生が考えてくれるから、安心感がある。
・受講時間を柔軟に選べるため、自分の集中できるときに勉強をすることができる
・入学資金や受験費用に余裕が持てた!
・計画的に勉強できるようになり、効率的に点数を取れるようになる
・オンラインで家庭教師を自宅に入れずに快適に受験対策ができる
・送り迎えが不要なため、親の負担もなくてわずらわしいことがない

でも、デメリットもあるんじゃないの?

・学力はかなり人には向いていない⇨ぴったり合うまで何度でも変更可能だから
・勉強について常に相談出来るのか不安⇨担当コーチがいるので相談できる。
・同様のサービスが多くて差がわからない⇨現役東大生のみの講師
・塾のような競争意識は生まれないかもしれないが子供のペースで勉強できる
・画面を長時間見続けるので目が疲れる
・受講できる学科はたくさんあるらしいがもっと不得意のものをだけを絞って教えて欲しいのだが⇒  受講できる学科が少ないと自分の受けたい学科を探して何個もの塾を受けなくてはいけなくなる
・効果がなかった時はなにかケアがありますか?直ぐに辞められますか?→契約期間は特にありませんので、合わないと思ったら直ぐに辞められます。

「でも、やっぱり!」メリットの方が多いし

最後にもう一回、オンライン個別指導の良いところを!

・超有名、超優秀な講師陣による授業を受けることができる
・現役東大生が個別指導で成績が上がらない部分を強化できる
・コロナ感染リスクがない
・講師を選べるので、相性が悪ければいつでも変更してもらえる
・日本最高難易度の東京大学。その現役東大生が指導してくれる。
・サービス講師の選択肢が多い
・毎日勉強するくせがつく

→スタディコーチ公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました