スタディコーチ 自習室!家庭での時間を効率よく学習出来れば成績は格段に上がります!

東大志望 塾

こんばんは、高1の息子と小5の娘のパパです。会社員で東京都内に住んでいます。

子どもの受験と進学、ママに任せっ放しでした。子供の得意・不得意な科目もよく分からない。将来どんな仕事に就きたいのか?そのために何を学ぶのか?どこの大学がいいのか?私の数十年前の記憶や経験はいまでは石器時代の化石みたいなモノ。

そんな同じようなパパたちに、とっておきの方法を話します!

自分が就職するとき、いまのようなIT系の会社なんて理系でシステムオタクっぽい男子しかいなかった。GoogleやAmazonなど外資のIT系なんて存在もしていなかった。ましてやユーチューバーは影も形も無かったですよね。いまの子どもたちに人生の先輩としてアドバイスしてやれない。

でも、ある方法を取り入れることで解決しました。今では子どもと将来のことなど色んな話を食卓でするようになりました。

そのある方法とはオンライン個別指導「スタディコーチ」です。

今回は、子どもの受験勉強と将来のアドバイスできる切欠となった「スタディコーチ」について解説します。やっぱり現役東大生から勉強を教えてもらい、さらに東大生の現役とOBから見た世の中のことを聞けるのは親としてもありがたいですね。

この記事の内容を実践すれば、親の威厳を保ちつつ、子どもと将来の話をする事ができるようになります。勉強を見てやれる自信がなくても大丈夫ですよ。

勉強の遅れが目立つようになったと悩んでいた私がオンライン個別指導で…

スタディコーチ 自習室
→スタディコーチ公式サイトはこちら

オンライン個別指導「スタディコーチ」を利用する前の悩み!

・適切な入試対策が分からない
・子供の成績が落ちていて、このままでは志望校に受かりそうにない。
・大手予備校が家に近くにないが家庭教師では頼りない
・勉強方法がわからないみたいだ
・勉強時間をなるべく多く確保するため無駄な時間を無くしたい
・自分の学歴が低すぎて教えることができない。
・難関大学を目指しているがマーク模試で志望校 E 判定だった

「そうそう!」っていくつか当てはまるのでは

そのまま、オンライン個別指導を利用していなかったら?

・周りの学習ペースについていけず自信がなくなり受験は不合格
・大学受験で失敗したら、その後の人生設計が狂ってしまう
・学校や進学塾の教育方法が自分に合ってないと感じる
・わからないことを自分で解決しようとする習慣が身に付かないので大人になってからも苦労することになる
・強をしなくてはいけなくなる
・受験に失敗して浪人することになる
・月謝が払えなくなって、塾をやめることになる。

「あの時、思い切って良かったぁ!」って思う日がくる

こんなふうにガラッと生活が変わりました!

・親戚の子どもには負けたくないので、さりげなくいい大学に行ったと言いたい
・年収が高い企業に就職できるので異性からモテる
・ただいま!からすぐに勉強、今まで考えられなかった習慣に変化
・大切な時にしっかり手をかけてくれてありがとうと将来子どもから感謝される
・結果がともない、勉強以外でも自信を持って行動できるようになる
・適切な対策でさらに上の大学に合格できる
・塾に通わせるよりも費用を押さえることができるので、その分を貯金に回すことが出来る

でも、デメリットもあるんじゃないの?

・スマホだと画面が小さいので文字等が見えにくい可能性がある⇒けど、パソコンやタブレットがなくても受けられる
・東大生が先生でメリットでもあるが、東大生にも色々いるし、他のオンラインゼミでは複数の先生が見てくれる所もあるのだが⇒ 東大生に限っているので、東大受験の際にはとてもメリットとなる
・相性の良い講師選びに苦慮する可能性がある⇒講師が見つかるまで何度でも体験授業可能
・講師との「ふれあい」を求める子供へのケアがしにくいが、事前にコミュニケーション重視かどうか?を子供と相談した上で検討すれば良い
・コーチは東大生のみ(志望校の先生に教えてもらえるわけではない)⇒オーダーメイドの学習カリキュラムを提案してくれるので、どんな志望校でも対応できる
・オンラインだと講師側からは生徒の反応が確認しづらく生徒に合った授業にならない可能性があるがその講師に希望を伝えれば良い
・コーチとの相性がある

「でも、やっぱり!」メリットの方が多いし

最後にもう一回、オンライン個別指導の良いところを!

・オンライン完結
・交通費や通塾のための時間がかからない
・指導内容や今後の指導予定をオンラインだから毎週確認できて安心して子供を任せられる
・受験に必要な科目全て指導を受けることができる
・実際の東大生の経験談を聞ける
・夕食風呂など生活リズムを崩さずに学べる
・指導は現役の東大生が担当

→スタディコーチ公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました